トラベル診療

トラベルクリニックで得られるサービス:渡航前の必要なワクチン接種と予防薬処方と必要な各種証明書を知ろう

リリモアクリニック内科歯科 院長 各務 康貴

監修医師

各務 康貴

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。
医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。
目次

1.はじめに

はじめに

海外旅行は興奮と刺激に満ちた体験ですが、未知の環境での健康管理には注意が必要です。そこで役立つのが、「トラベルクリニック」のサービスです。本記事では、トラベルクリニックで得られる各種サービスについて解説します。

具体的には、渡航前に必要なワクチン接種の概要、予防薬処方の内容とそのメリット、旅行中に役立つ各種証明書の取得方法を説明します。これらの情報をもとに、安心して海外旅行を楽しむための準備をしていただければと思います。

次の章から、それぞれのトピックを詳しく見ていきましょう。

2.トラベルクリニックとは

トラベルクリニックとは

(1)トラベルクリニックの役割

トラベルクリニックは、旅行者の健康を守るための一角を担う重要な施設です。具体的には、海外渡航者が目的地での感染症などに対する予防策を講じるためのサポートを提供しています。トラベルクリニックでは、患者の旅行先により必要なワクチン接種や予防薬処方を行う他、各種証明書の発行も行っています。

また、旅行者が健康状態や持病を考慮しながら最適な旅行計画を立てられるよう、医療的な観点からのアドバイスも提供します。旅行者が安心して旅行に臨めるよう、トラベルクリニックはその全般的なサポート役を担っていると言えます。

(2)トラベルクリニックに行くメリット

トラベルクリニックに行くメリットは数多くあります。

まず、専門知識を持った医療スタッフによる適切なアドバイスが受けられます。渡航先の感染症リスクを把握し、個々の健康状態に合わせたワクチン接種や予防薬処方のアドバイスが得られます。

また、旅行中に起こり得る健康問題に備え、適切な予防策を立てることができます。これにより、安心して旅行を楽しむことが可能となります。

さらに、各種証明書の発行サービスもあります。一部の国では入国条件として特定のワクチン接種証明が必要となる場合がありますので、そのような必要書類もトラベルクリニックで取得できます。

以下に主なメリットを表にまとめてみました。

メリット詳細
専門的なアドバイス渡航先の感染症リスクや個々の健康状態に合わせた適切なアドバイス
予防策の提案旅行中の健康問題に備える予防策の準備
各種証明書の発行特定のワクチン接種証明などの必要書類の取得

以上から、トラベルクリニックを利用することにより、安心・安全な旅行を計画することが可能となります。

3.渡航前の必要なワクチン接種について

渡航前の必要なワクチン接種について

(1)ワクチン接種の必要性

渡航前にワクチン接種がなぜ必要なのでしょうか。その答えは「感染症予防」のためです。異なる地域には、我々が普段接することのない病原体が存在します。そのため、不慣れな病原体に対して免疫力を備えるためのものがワクチン接種です。

具体的には、以下のような感染症予防が期待できます。

感染症接種回数
季節性インフルエンザ1回(小児は2回)
B型肝炎渡航までに2回。合計3回(①初回、②1ヶ月後、③6ヶ月後)
麻しん・風疹1回
破傷風小児時期に接種済みであれば1回
狂犬病渡航までに3回接種推奨(①初回、②1週後、③3~4週後)※

このように、旅行先での感染を防ぐためには、渡航前のワクチン接種を行ったほうが良いです。
※事前にワクチン+もし噛まれた場合は事後のワクチンも必須

(2)一般的な渡航先で必要なワクチン

一般的な渡航先において、必要とされるワクチンの種類は多岐にわたります。国や地域ごとに感染リスクが異なる病気がありますから、それに応じたワクチン接種が必要となります。

短期旅行者むけに必要な予防接種は下図のようになります。

引用元:厚労省https://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/useful_vaccination.html

こちらが冒険旅行および1ヶ月以上滞在される場合必要となるワクチン接種です。

引用元:厚労省https://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/useful_vaccination.html

各病気の感染リスクやその重症度、ワクチンの有効性や安全性などを考慮し、トラベルクリニックの医師と相談しながら適切なワクチンを選んで接種することが大切です。

(3)ワクチン接種の流れとタイミング

ワクチン接種は、健康を維持するための重要なステップです。一般的に、渡航前には最低でも8週間前には接種を開始すべきです。

また、ワクチンの在庫があるかが重要なため、事前に予約を行うことが必須です。

まずはトラベルクリニックで医師との面談を行い、旅行先のリスクを評価します。そして、必要なワクチンの接種を計画します。次に、ワクチンを接種し、その後、反応や副作用を確認します。

以下に具体的な流れを表にまとめました。

ステップ内容
1.面談旅行先のリスク評価と 接種計画
2.接種必要なワクチンの接種
3.確認反応や副作用の確認

この流れは概ね一般的なものですが、個々の健康状態や旅行先により変動することがありますので、具体的なタイミングは医師のアドバイスに従ってください。

4.予防薬処方の内容とメリット

予防薬処方の内容とメリット

(1)予防薬処方の目的

予防薬の処方は、海外旅行中に様々な感染症から自身を守るために重要な措置です。特に、マラリアやデング熱など、特定地域での感染リスクが高い疾病の予防に効果的です。

以下に、一般的な予防薬とその目的を示します。

予防薬目的
抗マラリア薬マラリア感染予防
高山病予防薬高山病予防

これらの予防薬は、一部は渡航前に服用を開始し、一部は渡航中や帰国後も服用を続けることが求められます。トラベルクリニックでは、その人の旅行先や滞在期間、健康状態に合わせて最適な予防薬を処方します。これにより、渡航者は安心して海外滞在を楽しむことができます。

(2)一般的な予防薬の種類とその効果

予防薬とは、特定の疾患を予防するために服用する薬のことを指します。渡航先での感染症リスクに対応するため、トラベルクリニックではその地域の疾患情報に基づいた予防薬の処方が行われます。一般的に以下のような予防薬が考えられます。

  1. 抗マラリア薬:マラリアエリアに旅行する際に必要です。マラリアを発症させない効果があります。
  2. 高山病予防薬:標高が高い地域への移動時に適用されます。酸素不足を緩和し、高山病の症状を予防します。

予防薬の種類は旅行先や滞在条件により異なります。トラベルクリニックでの診察を通じて、最適な予防薬を処方してもらうことが重要です。

5.各種証明書の取得サービス

各種証明書の取得サービス

(1)証明書の種類とその必要性

証明書は、特定の疾患や状況に対する免疫状況や、医療的な対応が適切に行われたことを立証するためのものです。主に以下の2種類があります。

  1. ワクチン接種証明書:あなたが指定されたワクチンを受けていることを証明します。特定の国への入国時に求められることがあります。
  2. 健康証明書:あなたが健康で、特定の疾患を持っていないことを証明します。ビザ申請時や長期滞在時に必要とされることがあります。
  3. 新型コロナワクチン接種証明書

これらの証明書は、渡航先の国や地域で求められる場合があるため、旅行前に確認し、必要に応じてトラベルクリニックで取得しておくことが重要です。

(2)証明書取得の流れと料金

証明書取得の流れは、まずトラベルクリニックに訪れ、どの種類の証明書が必要かを伝えます。それから、診察室で必要な健康状態の確認が行われます。その後、証明書の作成が行われ、それが完成次第受け取りが可能となります。

また、料金に関しては、証明書の種類や対象となる地域、また診察料が含まれる場合もあるため、一概には言えません。以下に一部の取得可能な証明書と一般的な料金を表にまとめました。

証明書の種類料金
マラリア予防薬処方箋3,000円〜
健康診断証明書(英文)10,000円〜

料金はあくまで目安であり、詳細な料金は予めクリニックに問い合わせることをお勧めいたします。

(3)証明書取得のための事前準備

証明書を取得するための事前準備は、大別して以下の3つに分けられます。

  1. 証明書の種類の確認:何の証明書が必要かを事前に確認しましょう。必要な証明書は、旅行先の国や地域、活動内容によります。
  2. 必要書類の準備:証明書を取得するためには、パスポートのコピー、証明写真や医師による健康診断結果など、必要な書類を準備する必要があります。
  3. 予約:証明書の発行には時間がかかる場合もありますので、渡航日を確定させてから早めにクリニックへの予約を入れましょう。

これらの準備を行うことにより、スムーズに証明書を取得し、安心して旅行に臨むことができます。

6.まとめ

本記事では、トラベルクリニックで得られるサービスについて、渡航前の必要なワクチン接種、予防薬処方、そして各種証明書の取得といった点を主に解説しました。

トラベルクリニックの利用は、健康な旅行生活を維持するための大切なステップであることがわかります。ワクチン接種は感染病予防に欠かせず、予防薬は特定の病気を予防します。さらに、証明書は渡航先で必要となる場合があります。

これらのサービスは、旅行者の安全と健康を守るために重要です。しっかりとご自身の健康状態を把握し、必要な予防措置を講じてから旅行を楽しんでください。最後に、旅行前には十分な情報収集と準備が必要ですので、トラベルクリニック等の専門機関を活用することをおすすめします。

当サイトの監修医師について

当サイトは、医師資格を有する医師の監修のもと、サイト運営を行なっております。

リリモアクリニック内科歯科 院長 各務 康貴
リリモアクリニック内科歯科 院長
各務 康貴

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。
医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。

目次