各種検査

血液検査/性感染症検査/HPV検査など院内で実施できる検査内容

リリモアクリニック内科歯科 院長 各務 康貴

監修医師

各務 康貴

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。
医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。
目次

1. はじめに

はじめに

現代社会では、日々の健康管理がますます重要視されています。特に、血液検査、性感染症検査、HPV検査などは、私たちの体調や健康状態を詳しく知るための重要な手段となっています。これらの検査は医療機関で行われることが多く、その結果をもとに適切な治療や予防策を立てることが可能となります。

これから本文で詳しく解説しますが、それぞれの検査は異なる目的と重要性をもちます。血液検査は全身の健康状態をチェックするため、性感染症検査は感染リスクの確認と早期治療のため、HPV検査は子宮頸がんのリスクを評価するために行われます。

さらに、これらの検査を定期的に受けることで、早期発見・早期治療を可能にし、長期的な健康維持に役立てることができます。これらの情報をぜひ参考に、自身の健康管理に生かしていただければ幸いです。

2. 血液検査の基本とその重要性

血液検査の基本とその重要性

(1) 血液検査とは何か

血液検査とは、身体の健康状態をチェックするために行われる一般的な医療検査の一つです。主に、体内の病気や異常を診断するために使用されますが、予防的なチェックアップとしても役立ちます。血液検査では、血液中のさまざまな成分や状態を調べることが可能です。

具体的には、以下のような項目が調べられます。

  • 血球数:赤血球や白血球の数、血小板の数など
  • 生化学:肝機能、腎機能、血糖値、脂質値など
  • 感染症の有無:HIV、肝炎、HPVなどのウイルス感染症の検査

これらの検査結果から、医師は体の異常や疾患を認識し、適切な治療を選択・進行させることが可能となります。また、健康診断の一環として定期的に行われることで、早期発見・早期治療につながる可能性もあります。

(2) 血液検査でわかること

血液検査は、健康状態を総合的に評価するための重要な手段です。具体的には、以下のような情報を得ることができます。

  1. 一般的な身体状態:血液成分のバランスや量を調べることで、全身の健康状態を把握します。特に、ヘモグロビン値などは貧血の有無、血球数は感染症の可能性などを知る手がかりとなります。
  2. 病気の有無:肝炎やHIVなどの感染症、糖尿病や腎臓病などの生活習慣病の早期発見に役立ちます。疾患特有のマーカーを血液中に探すことで、病気の可能性を評価します。
  3. 栄養状態:ビタミンやミネラルなどの栄養素の不足を確認。これにより、食事の改善やサプリメントの必要性を判断します。

以上のように、血液検査によって得られる情報は多岐にわたります。それぞれの健康状態やライフスタイルに応じた対策を立てるためにも、定期的な血液検査は非常に重要です。

(3) 血液検査の手順と結果の読み方

血液検査は、主に腕の静脈から採取した血液を用いて行われます。採取した血液は検査室に送られ、血液中の細胞や化学物質の数値を調べることで体の状態を把握します。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. 採血:医療スタッフが専用の針で腕の静脈から血液を採取します。
  2. 検査:採取された血液は検査室に送られ、各種パラメーターが測定されます。

結果の読み方は、一般的に医療スタッフが説明しますが、数値が正常範囲内かどうかを示す”基準値”と比較することで自身でも理解できます。基準値を超えるか下回ると、異常がある可能性が示唆されます。ただし、一部の数値は個々の体調や生活習慣などにより変動するため、全ての数値が基準値を超えることが必ずしも病気を意味するわけではありません。結果については必ず医療スタッフと相談しましょう。

3. 性感染症検査の必要性とその手順

性感染症検査の必要性とその手順

(1) 性感染症とは何か

性感染症とは、その名の通り性行為により感染する病気のことを指します。具体的には、HIV、クラミジア、淋病、梅毒、HPVなどの感染症があります。

表1.主な性感染症

  • HIV(エイズ):免疫力の低下を引き起こし、最終的に全身の機能が衰える。
  • クラミジア:生殖器から膿がでたら痛みかゆみを起こす可能性がある。
  • 淋病:生殖器から膿がでたら痛みかゆみを起こす可能性がある。不妊症の原因にもなる。
  • 梅毒:初期には皮膚や粘膜に潰瘍が出現。放置すると神経系や心臓に影響を及ぼすことがある。
  • HPV(ヒトパピローマウイルス):子宮頸がんや尖圭コンジローマの原因となる。

性感染症は、早期発見・早期治療が肝心であり、定期的な検査が推奨されています。具体的な検査方法や予防法については、次のセクションで詳しく説明します。

(2) 性感染症検査が必要な理由

性感染症検査は、自分自身の健康状態を把握するだけでなく、他人への感染を防ぐためにも非常に重要です。病状が進行してしまうと、不妊や重度の健康被害が出る可能性もあるため、早期発見と早期治療が肝心です。特に性感染症は、初期段階では症状が出ないケースが多いです。

例えば、以下の表のような感染症では、初期症状がほとんど表れず、気づかれにくいものが多いです。

感染症早期症状
クラミジア数週間で、生殖器から膿がでたら痛みかゆみを起こす
淋病数日で、生殖器から膿がでたら痛みかゆみを起こす
梅毒初期には皮膚や粘膜に潰瘍が出現するが消失する。
HIV風邪症状に類似した症状

これらの性感染症は、初期症状がほとんどないため、定期的な検査を受けることが重要となります。自分の体調をしっかりと把握し、早めの対策を講じることで、自己の健康維持はもちろん、パートナーや家族を守ることにつながります。

(3) 性感染症検査の種類とその手順

性感染症検査には、血液検査、尿検染、そして体の各部位から採取した検体で行う検査があります。各種類の検査手順は以下の通りです。

1.【血液検査】 血液検査は、HIVや梅毒など一部の性感染症の存在を確認するために用いられます。腕から採血して調査します。

2.【尿検査】 尿を使った検査は、クラミジアや淋病などの存在を確認するために行われます。手順としては、尿を採取して、細菌の存在を確認します。

3.【採取物検査】 この検査は、特定の部位(喉、肛門、陰部等)から採取した検体を調査するもので、尿検査では見つけられない性感染症も発見できます。

これらの検査は、無症状でも感染している可能性があるため、定期的な検査が推奨されます。

5. まとめ: これらの検査が重要な理由

これらの検査が重要な理由は、自身の健康状態を正確に把握することで、早期発見・早期治療を可能にするためです。特に、血液検査は全身の状態をチェックすることができ、性感染症検査やHPV検査は、無症状でも感染している可能性があるため、定期的な検査が推奨されます。

また、これらの検査を行うためには、専門的な知識と技術を持つ医療機関に相談することが重要です。

これらの検査を定期的に受けることで、自身の健康管理に役立てましょう。

当サイトの監修医師について

当サイトは、医師資格を有する医師の監修のもと、サイト運営を行なっております。

リリモアクリニック内科歯科 院長 各務 康貴
リリモアクリニック内科歯科 院長
各務 康貴

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。
医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。

目次